Wi2 300の長所と短所は?実際に使ってみた感想

f:id:sakeganomitai:20190223160353j:plain

Wi2 300を使ってみたので感想をまとめます。
私はUQモバイルを使っているのでWi2 300を無料で使えます。
(Wi2 300の運営会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスはUQモバイル同様au系列であることが関係していると思います。なお、au契約者もプランによってはWi2 300が無料になります。)

ただ、通常でもベーシックプランが月362円(税抜)と、かなり安いです。
うまく使いこなせれば、かなり自分のスマホの通信量が削減できそうです。

Wi2 300の申し込み方→簡単です!

UQモバイル利用者は以下のページから申し込んで下さい。
service2.wi2.ne.jp

ICCIDというSIMカードに書かれた19桁の番号が必要となります。
スマホからSIMカードを引き抜いてメモっておきましょう。
f:id:sakeganomitai:20190223160454j:plain

申し込んだらメールが来て、ログインできるようになります。
f:id:sakeganomitai:20190223160548j:plain

これで利用準備OKです。

通常の申し込みはこちらです。
wi2.co.jp

通常のインターネットの申し込みに比べるとかなり簡単で、すぐに使える準備が整います。
なお、料金の支払いにクレジットカードのみです。

使い方→簡単、回線速度は速い

エリアに入ってスマホ、あるいはPCのWi-Fi画面にWi2やWi2_clubの表示がでれば、クリックします。
f:id:sakeganomitai:20190223161031j:plain

Wi2はセキュリティ保護されていないので、できればセキュリティ化されているWi2_clubを選びましょう。

すると、パスワード画面が出てきます。
f:id:sakeganomitai:20190223161256p:plain

Wi2_clubのパスワードはマイページ内に書かれてあるので事前にメモるか覚えておきましょう。
なお、Wi2の場合はパスワード画面が省略されているのでラクと言えばラクです。

次に、ログイン画面が出てきます。
そこに申し込みの時に自分で決めたIDとパスワードを入力します。
f:id:sakeganomitai:20190223161341p:plain
f:id:sakeganomitai:20190223161407p:plain
これでWi-Fiが繋がります。

肝心の回線スピードですが、75Mbpsを記録。かなり速いです。
f:id:sakeganomitai:20190223161431p:plain

なお、計測場所は近所のドンキホーテ店内です。
ドンキでそんな速いインターネットが使えても、あまり使い道がない気がしますが、まあ速いにこしたことはないですね。

お店を出て数mのところだと9.9Mbpsと落ちます。
f:id:sakeganomitai:20190223161445p:plain

10mぐらい離れると回線が切れます。

今回はドンキホーテでしか計測していませんが、Wi2 300の回線速度はスポットによって差が大きいようで、10Mbps以下のところもあるみたいです。
trendy.nikkeibp.co.jp

なお、当然ながらスマホだけでなくPCでも使えます。
さすがに店内でやるのは憚られるのでドンキの駐輪場でPC操作してみました(←不審者)。
f:id:sakeganomitai:20190223161611j:plain

使い方はスマホと全く同じで、Wi2_clubをクリック、パスワード入力、IDとパスワード入力で繋がります。

ついでに言っておくと、実はドンキには独自のフリーWi-Fiがあって、こちらはパスワードも必要なくて簡単に使えます(当然セキュリティ化されていません)。
速度も53Mbpsと速いです。
f:id:sakeganomitai:20190223161637p:plain
f:id:sakeganomitai:20190223161652p:plain

Wi2 300の使える場所

Wi2 300はベーシックエリアで6万カ所、オプションエリアだと20万カ所で利用できます。
都会や人の集まる場所ならいたる所で使えるところが見つかるはずです。

なお、オプションエリアで利用するのは別料金です。1時間あたり100円かかります。

うーん、なんかね。
オプションエリアの方が数が多いというのはどうなの?
調べてみると、観光地や駅はほとんどがオプションエリアです。
オレンジ色がオプションエリアでそれ以外がベーシックエリアなのですが、大阪もほとんどがオレンジ色。有料のオプションエリアです。
f:id:sakeganomitai:20190223161823j:plain

月362円って結構安い(UQモバイルなら無料)と思いますが、何度もオプションエリアで利用していたらかなり高額になりますし、それなら普通にWiMAXを契約した方がいいかもしれません。

なお、Wi2 300には月額プランの他に一時的に使いたい人向けのワンタイムプランもあります。
ワンタイムプランならオプションエリアも使えます。
価格は以下の通り。

Wi2 300ワンタイムプラン6時間[350円(税込)]
Wi2 300ワンタイムプラン24時間[800円(税込)]
Wi2 300ワンタイムプラン3日間[1,500円(税込)]
Wi2 300ワンタイムプラン1週間[2,000円(税込)]

ずっと使い続けたいなら高くなりますが、一時利用なら「あり」の価格に感じます。

Wi2 300の長所と短所

Wi2 300の長所をまとめます。
●月額定額プラン362円は安い。
●UQモバイル使用者なら無料でベーシックプランが利用できる
●回線速度はピンキリだが、速いところは速い
●オプションエリアを含めると20万カ所。街中だといたるところで使える場所が見つかる。
●ワンタイムプランは一時的に使いたい人には便利

一方短所は、
●大半がオプションエリアで、別料金が必要になることがある。
●下手をすると普通にWiMAXを契約した方が安くなる

長所と短所を勘案して、Wi2 300をおすすめする人は以下の通りです。
●いつもよく利用するお店などがベーシックエリアになっている
●数時間か数日だけWi-Fi利用したい
●外国人観光客

実際に使ってみた個人的な感想

私の場合、UQモバイルのおまけで無料でWi2 300を使えますが、もしそうじゃないならお金を出してまで利用しません。
私はお店であまりスマホを使いません。
また、コンビニや駅、観光地では無料で使えるWi-Fiも多いので、どうしても自分のスマホの通信量を減らしたいならそちらを利用すると思います。
(なんかの間違いで自宅に電波が入ってくるなら、契約して自宅のネット回線を解約しますが)

とまあ、私個人ではちょっとネガティブな感想ですが、それはニーズがマッチしなかったからで、Wi2 300そのものが悪いとは思いません。

人によっては月362円を払うおかげで、自分のスマホの通信量をかなり節約出来る人もいるでしょう。
プランを格下げして節約できるかもしれません。

スマホ料金が高いと感じている人ならWi2 300を利用することも考えてみてはどうでしょうか。

おまけ:Wi2 300の仕組み

Wi2 300って小規模な店舗でも導入しているので利用料金ってかなり安いんじゃないかと思って調べてみました。

公式サイトによれば初期費用29,800円(税抜)、月額費用500円(税抜)とのことです。

あれ?これだと初期費用はかさむものの、長期で使えば自宅に設置したら今のネット料金より安くなるじゃない?
と思いましたが、勘違い。

自宅のインターネット回線をFree Wi-Fi化するので、結局インターネット回線は必要になります。
f:id:sakeganomitai:20190223161927j:plain

しかし、この仕組みだとWi2 300の回線スピードは大本のインターネット回線のスピードに左右されるはず。
また、利用者が多いとそれだけ速度も低下します。

ドンキであれだけスピードが出たのは元々の回線が速く利用者が少なかった(ドンキ独自の無料Wi-Fiがある)からかもしれません。