サイトが名誉毀損、営業妨害、著作権侵害で訴えられた体験談

f:id:sakeganomitai:20190226122348j:plain

ある日、サーバ会社からお手紙が届いた…

もう数年前のことですが、私のサイトにクレームが届いたときに体験談をまとめます。

私が作成した、とあるサイトが「名誉毀損」「営業妨害」「著作権侵害」しているという怒りのお便りが届きました。。

ただ、自分に直接来たわけでなく、契約しているレンタルサーバの会社を経由してきました。
通常、レンタルサーバの会社から書類が届くことはないので、嫌な予感はしましたが、的中しました。

通常、サイトに運営者の連絡先が明記してあれば、自分に直接来ますが、そのサイトには連絡先等は書いていませんでした。
連絡先を書くと相互リンクのお願いとかが届いたりして面倒だからです。

一方、相手からすると、クレームをつけたいのに、連絡先が分からないから泣き寝入りか、なんてことはありません。
次に、そのサイトが使用しているレンタルサーバに、
「そのサイトの運営者の情報を教えろや!」
と頼むのが次の一手です。
なお、ドメイン名があれば、どのサーバを使っているのかは簡単に分かります。
ドメイン登録の設定によっては、サイト管理人の実名が判明する場合もあります。
tech-unlimited.com

もし、無料ブログなら無料ブログの会社に来るはずです。
匿名掲示板の書き込みに関しては、プロバイダに書き込んだ人のIPアドレスを開示せよ、と訴えてきます。

私の場合は、自分で取ったドメインでレンタルサーバに置いてあるサイトだったので、レンタルサーバの会社から書類が届いたわけです。

発信者情報開示に係る意見照会書

具体的にはこんな文面の書類が届きました。
「発信者情報開示に係る意見照会書」といいます。
f:id:sakeganomitai:20190226122605j:plain

つまり、相手にあなたの個人情報を教えていいですか?とサーバ会社が私にお伺いしている文書です。
また、発信者情報開示に係る意見照会書だけでなく、相手から送られてきた、なぜ発信者の情報を開示してほしいのか、理由を書いた紙のコピーも添付されていました。

サイトのどの部分が著作権侵害で、いかに名誉が毀損されていて、営業妨害を被っているという数ページの書類でした。
ある会社から依頼された弁護士からでした。

正直、私にも落ち度はなかったとは言い切れません。
ある会社が作っているある商品のことを悪く書いたのです。
ただ、別に嘘を書いたわけじゃないですし、それなりの根拠があって書いた文章です。
不都合だから書いた奴を教えろ、なんて横暴です。

書類をよく読むと、相手の言っていることはほとんどが的外れで、正直クレーマーっぽいと感じました。
事情をよく知らない弁護士が適当に作った脅しの文書。
難しい司法試験を突破して、せっかく弁護士になったのに、こんなチンピラまがいなことしやがって、お前はアホか?
なめんじゃねえぞ、と怒りがわき上がってきました。

私の取った行動

私が取り得る行動は3つあります。
●サーバ会社に「僕の個人情報教えていいよ」と回答する。
これはあり得ません。こちらに何のメリットもありませんから。
もし、相手に私の個人情報が渡ったら、どうせ訴えるとか慰謝料請求するとかさらに不愉快なことを言ってくるに違いありません。

●教えないで、と回答する。
当然、個人情報の開示は拒否しました。理由も添えて。
これは後ほど書きます。

●無視する
無視すると、サーバ会社の判断で個人情報を開示してしまう場合があります。あまりいい手ではありません。
実は、7日以内に回答せよとのことですが、この書類を読んだ時点で既に2週間経っていて焦りました。
結局回答は出したものの、半分無視したようになってしまいました。

結局、サイトを消した

あっちも怒っているようですが、私もせっかく作ったサイトにクレームをつけられて非常に不愉快でした。
採算度外視でこちらも弁護士をつけて戦ってやろうか、とも思いました。
しかし、これは私だけの問題ではなくて、サイトに貼り付けてあった広告主などにも迷惑をかけてしまう可能性はありました。
悩んだ末に、サイトを削除することにしました。
サーバ会社には、
「個人情報の開示は拒否します。サイトは既に削除したのであちらが指摘する問題もなくなりました。」
と書いて持って行きました。
期限を過ぎていたので郵送ではなく、サーバ会社へ直接書類を持って行きました。

それからどうなったか?

それ以来音沙汰なしです。
まあ、99.9%訴える気はなかったと思います。
営業妨害といっても、どれぐらいの損害が出たのか計算なんかできませんし、損害賠償で訴えるのは難しいはずです。

結局、弁護士経由で圧力をかけてサイトを消したかっただけでしょう。
結果、相手の思うようになって悔しい限りですが、こちらも意地を張っても益がないので諦めました。

サイトを消さなかったらどうなってたか?

意地を通して「相手の言っていることは事実誤認なので、こちらの個人情報の開示は開示しないで下さい」とサーバ会社に回答することも考えました。

その場合、相手はさらに訴訟を起こして、こちらの個人情報の開示を求める可能性はあります。
裁判所がそれを認めれば、サーバ会社は私の個人情報を開示せねばなりません。
ただ、それには費用も時間もかかるでしょうし、そこまで本当にやるのか?という疑問はあります。
もし、裁判になっても相手の言っていることはかなり的外れなので、裁判しても勝てるかどうか微妙だと思います。

現実的に、次はサイトに貼り付けてある広告主にクレームを入れたと思います。
このサイトは名誉毀損で営業妨害で、こんなサイトに広告を出している会社って、同罪じゃないの?
とか言われると、広告主も困らせてしまいますし、私としても辛い立場に置かれることになります。

結局、この可能性を考えて、私はサイトを消しました。

サイトや記事を消してほしい人が取るべき行動

私の場合は訴えられる立場でしたが、逆にサイトや記事を消してほしい、という悩みを持つ人の方が多いと思います。
その場合取るべき行動をまとめます。

1.サイトの管理人に直接頼む

サイトに連絡先が書いてあれば、直接連絡して理由とともに消してほしいと訴えます。
実際、私もやったことがあって、消してもらえることもありました。
自分でもできますが、弁護士に頼んだ方が成功の可能性は上がるでしょう。

2.無視された、あるいは連絡先が分からない場合

直接連絡しても反応がない、あるいは連絡先が分からない、という場合もあります。
もし、そのサイトが無料ブログなら、その無料ブログの会社に訴えます。
ほぼ全ての無料ブログには不適切なサイト・記事に対する通報フォームがあります。
例えばFC2ブログだと以下の通りです。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=49541

これも自分でやったことがありますが、成功したこともあります。

2ch、5chなどの匿名掲示板の記事を消してほしい場合も個人で削除依頼は出せます。
しかし、匿名掲示板はよほどの理由じゃないと消してくれないので、どうしてもという場合は弁護士に頼んだ方がよいでしょう。

そして、個人のサイトの記事を消してほしい場合には、サーバ会社などに「発信者情報開示に係る意見照会書」を送ります。
これには法的な知識が必要なので個人では難しいです。
また、発信者情報開示に応じるサイト管理人は希ですが、脅しにはなります。

3.そのサイトに張ってある広告主にクレームを入れる

サイトに広告が張ってなかったら使えない手ですが、やってみると効果はあると思います。
少なくとも、裁判をやるより前にやるべきことです。

4.裁判を起こす

ここまで来るケースはあまりないと思いますが、どうしても消してほしいサイト・記事がある場合は裁判を起こして勝つしかありません。
当然、弁護士を雇うことになりますし、裁判には時間も費用もかかります。
本当に割に合うのか、考える必要があります。

こうしてみると、記事を消してもらうことは大変なことです。
表現の自由もあるので、事実誤認による名誉毀損、個人情報の流出、あきらかな誹謗中傷など、明確な理由がない限り記事の削除は認められません。
しかし、自分でサイト管理人や無料ブログの会社に訴えてみると、案外成功することもあるので、一応一度はやってみましょう。